2018年06月05日

FF14 わたし、気になります

今回は前パッチ後に新キャラを作成し、2度目のメインクエストを進行中に思った事を書きたいと思います


微笑.png


  ブログっぽいおwwww




*今回は完全に蛇足と妄想となります



1番思った事はおつかいの多さですね、無駄な往復が序盤に集中してる気がします


ffxiv_20180317_092126.png


特にここのイフリート前の所でしょうか
この時点でチョコボを所持していないため往復が結構な苦痛でした

チョコボ入手タイミングはイフリート後となっているため
このマラソンのご褒美と言った感じなんでしょうか?
けれど正直ここは先にチョコボが欲しかった、暁加入のタイミングでチョコボが欲しいですね





ffxiv_20180321_134000.png

画像には出てませんが、シルフの仮宿全体がFATE対象となっているため
FATE発生中にメインクエストを進めると進行度部分がFATE(レベルシンク)に切り替わってしまい
次に何やればいいかジャーナルを見る必要がある










そして1番気になっている部分がここです



ffxiv_20180323_074310.png

タイタン前にミンフィリアが言い放ったこの一言です



ffxiv_20180323_080643.png

そして始まる3大珍味おつかいの旅です

ffxiv_20180323_080646.png

凄い抗議してくれているこのミコッテさんですが、おつかいが始まった瞬間から姿をくらまします



ffxiv_20180323_081017.png

おつかい1:暁の同盟の方は何処にもいらっしゃいませんでした


ffxiv_20180323_082943.png

おつかい2:暁の同盟の方の姿は見えませんでした


ffxiv_20180323_085847.png


おつかい3:そして誰も現れなかった



上記3種を集め終わり依頼主の元に戻ると



          さいしん         .png


やれやれ.png

  これですお






この3大珍味を暁の主要メンバー?のサンクレッド・ヤシュトラ・パパリモ&イダですか
それぞれが1箇所担当してここのおつかい部分を全カットで良かったんじゃないかなと

タイタン戦はテンパード化する恐れがあるので元より協力出来ないんですから
ここぐらいは手伝って欲しかった





ffxiv_20180506_044551.png

あとはタイタン戦の後にミンフィリアに呼ばれ砂の家に行くと襲撃されているこの部分ですが

この襲撃が3大珍味開始~タイタン戦付近で起こった出来事であれば
”襲撃があったから手伝えなかったのか、しょうがない”と多少は溜飲が下がったかも知れません


パールで呼ばれた直後に襲撃と言うのはちょっと……って感じでした













煽る.png


 ここからすごい早口でいってるお











仮に3大珍味部分を サンクレッド・ヤシュトラ・パパリモ&イダ が手伝ってくれていたとすると
戦力となる主要メンバーが冒険者のサポートにまわって居た事で
砂の家の警備が薄くなった故に起こった襲撃となる




いつも来るはずのミンフィリアからの連絡が無い→何かあったかも 
とサンクレッド辺りが感づいて砂の家に向かう感じでしょうか


これで自然な感じで襲撃に持っていけたんじゃないかなと自分は思いました



しかしこれはミンフィリアが味方であるのが前提ですので
ミンフィリアが黒幕であった場合は現在のシナリオが怪しさ満点で良いと思います







最後に、イベントアイテムにリンクパール追加して
それ使えば砂の家にワープする仕様にすればミンフィリアに対するヘイトも下がると思います

あそこ完全に1人用のエリアだから可能だと思うんですよね









続く!









posted by DoM at 22:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FF14のパッチ2.0(新生)部分のシナリオが微妙なのは2つの理由がありますね

まず1つ目は、すでに色々な設定やマップが旧FF14(パッチ1.0)で出来ていた
このマップや設定ありきで、シナリオを組まないといけないので
3大珍味のクエストで、無理やり色々な場所にお使いに行かせて、マップを経験させる必要があったという部分

ちなみに、旧14が失敗したのは、FF11における戦犯の田中Pと河本Dという最悪コンビが旧14を作ったからですね!
現在田中Pは、スクエニを退社、河本Dはスケジュール管理やバグ管理、経済管理などプランニングから離れて運営側の仕事をしている

2つ目の理由は、2.0のメインシナリオライターの前廣は、もともとシステム周りのプランナーでシナリオライターとしての実績はなく、FF14で初めてRPGのシナリオを作った。ぶっちゃけノウハウがなく、膨大な設定に振り回されて、お使いだらけのシナリオになってしまった。

現在はシナリオの管理は行っているものの、メインシナリオライターは織田と石川の2人に代わり、3.0(蒼天のイシュガルド)以降のシナリオは評判は良いので、2.0の部分は我慢して遊んで!って感じですね
Posted by at 2018年06月09日 17:10


>さん
>
>禿同っすね!
>この辺は粗が目立って今でもネタにされるくらいなんで。
>記事の通りの流れなら自然だったかなと~。
>11プレイヤーの方の記事は新鮮なので、すごく面白いっす。


コメントありがとうございますっ
全体で見ても目立ってたんですね……
11の便乗奴の3人ですらボス部屋までは入って来てくれるのにって思いました
Posted by DoM at 2018年06月06日 06:33
禿同っすね!
この辺は粗が目立って今でもネタにされるくらいなんで。
記事の通りの流れなら自然だったかなと~。
11プレイヤーの方の記事は新鮮なので、すごく面白いっす。
Posted by at 2018年06月06日 00:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください